中学生で体験したちょっと初々しい恋愛

私が中学3年生の時に体験した話です。
私は陸上部に入っていて、中学2年生の時に一緒の部活に入っている同級生を好きになりました。

なんで好きになったのかは自分でも分からず・・・なんとなくその人(Nさん)に惹かれていました。

ですが、私は種目は長距離で、Nさんは短距離なので、練習が被ることがあまり無く、話す機会がありませんでした。私もアタックする方ではありませんし、友達にも相談はせず。というより、アタックなんかして嫌われるんじゃないかという気持ちが強いため、姿が見えたら少しだけ見る、でもバレないようにあまりずっと見ないというのばっかりしていて進展もしませんでした。

そんなある日、中学3年生に上がって5月の大会が始まりました。
大会中は何もなかったんですが、終わった後の帰り道に驚くことがありました!

いつもなら大会が終わったら親が迎えに来るのですが、
今回は大会の終わる時間早く、親はまだ仕事中でしたので、歩いて帰ることにしました。

大会が終わりそこから電車に乗って、みんな同じ電停に降りましたが、それぞれ迎えが来ているらしく、私1人だけとぼとぼ帰っていました。

しかし、少し歩いていると後ろに誰かいるような気がしました。
気になって後ろを見てみると、まさかのNさんでした!
「なんでいるの!?」と心の中で何度も思い、パニックになっていました。家は知りませんでしたが、一緒の方向ではないのは知っていました。いやでも途中まで一緒だから、たまたまこっちなんだろうか…?そう思いながらとりあえず平常心だ!と言い聞かせ後ろを気にしないように帰っていました。

やがて、分かれ道があってようやく私とは違う方向に帰ろうとしました。
さすがにずっと一緒はないかと残念に思いました。

何も言わずにというのは印象悪いかなと思い、Nさんにまた明日とあいさつをしました。

しかし、彼の様子が少し変なのです。私がバイバイと手を振っているのに、Nさんは挨拶もせず、ただ私をじーっと見ているのです。
「え?何?どうしたの?」と聞いても黙ったまま。

そして、彼は立ち止まってじーっと見ながら私に手招きをしました。
そんなことをされた私は脳内が停止し、そしてすぐパニックを起こしました。
呼ばれた嬉しさと、何かしたんじゃないかという不安でごちゃ混ぜになりながら、彼の元へ行きました。

しかし、彼は少し先を歩くだけで何も言ってきませんでした。まるでさっき私が先を歩いていたのが逆のパターンになったようでした。

やがて彼の家に着いたのですが、ここで待っていてと言われて、彼は家に入って行きました。知らない場所でしたのでそこから帰れるわけでもなく待つしかありませんでした。
彼が家から出てくるとなんと家まで送ると言われました。もうドキドキしすぎて聞こえるんじゃないか不安になりました。

その帰り道、全然話さなかったのが少しずつ会話もし、何回か頭を撫でられたりと胸が爆発しそうでした。

その後、公園に入り二人でブランコに座りながら突然告白をされました。

びっくりすることが連続で起きていて、なんかもうドッキリなんじゃないかと思ったのですが、それでもやっぱり嬉しくてそのままOKしました。
ずっと好きだった彼から告白されるとは夢にも思わず、
そのまま1年間ほど付き合いました。

婚活は上手くいかないことがとても多いけれど

私は今現在、婚活をしています。

自分の諸々の予定もあるので一生懸命やっていると言ったら嘘になってしまうのですが、最近焦りを感じています。

友人が2人、立て続けに結婚したからです。

1人には子供も生まれました。

他の友人たちにはまだ音沙汰はありませんが、いつ結婚の報告があるか分かりません。

私も早く相手を見つけたいのですが、婚活は中々上手くいきません。
1度、婚活がきっかけでお付き合いした人はいるのですが、割と早めに別れてしまいました。

それ以降付き合った人というのはいません。

婚活が上手くいきそうだったり良い出会いがあったのなら希望も持てるのですが、そういう人とも中々出会えません。
婚活なのにいい人と出会えないというのは、なんとも哀しいものです。

かと思えばあっという間にいい人と出会える人もいるので、なおさら哀しくなってしまいます。
ただ、もちろんいいこともありました。

婚活仲間と出会えたことです。
私は身近な友人で婚活をしている人がいないので少し寂しかったのですが、婚活をしているうちに仲間と出会えました。

その人たちと情報交換もするようになってから、以前ほどネガティブにはならなくなりました。
もしかしたら、もう少しなのかもしれません。

女性からも積極的に話しかけないと、もったいないです。

雑誌の片隅に、婚活パーティーの参加者募集の広告を見つけて、応募してみました。参加料金は女性が500円だったのですが、3日前まで予約すると無料になるということだったので、気軽に参加できました。

パーティーとなっていましたが、会場は小さな会議室で、男女それぞれ20人くらいが集まっていました。受付した順番に席に座ると、向かいに男性が座っています。

最初は、プロフィールカードを書きました。名前や趣味、好きな芸能人などの情報を書きます。そして、いよいよトークタイムです。一人3分ずつ、向かいに座っている男性と話すのですが、一人3分で20人と話すと、それだけで一時間もかかってしまいます。最初は相手のプロフィールカードを見ながら楽しく話していたのですが、中盤辺りから話すのが疲れてきてしまいました。

トークタイムが終ると、休憩を挟んでフリーのトークタイムがありました。自分がもっと話したいと思った相手に、自由に話しかけて良いというものです。この時、女性も自分から行動しないと、何もできないまま終了してしまいます。わたしは、誰とも話さずに終わってしまったことがあり、すごくもったいないことをしたなと思っています。

わたしが参加した婚活パーティーは、その場での連絡先の交換を禁じてきたので、カップルにならなければ何の成果もないまま、終わってしまいます。せっかくの出会いの機会なので、積極的に話しかけても良かったなと思います。

大学生で初めて部活動に入り、初恋をした経験について

私は大学に入学して、すぐに一目ぼれをした人がいました。それは私の初恋でした。きっかけは、小中高とまったく部活動と無縁だった私が初めて部活動に所属したことからでした。

体験入部の時にどきどきしながら部活動が行われている場所に足を運びました。その時に、何もわからない私に声をかけてくれて、優しく掃除の仕方や1年生の仕事内容を教えてくれた人がいました。一目見た瞬間から私は恋に落ちてしまいました。私より年上な雰囲気で、先輩オーラが出ていたその人はとても頼りがいがあり、私の好きなタイプでした。

見た目も素敵な人で、この人とお付き合いしてみたいと強く思いました。それから私は、気になるその人にアプローチを仕掛けていきました。

部活終わりに一緒にご飯に行かないかと誘ってみたり、勉強を教えてほしいと頼ったり、一緒にいる時間を多く持とうとしました。

そして、2か月ぐらい経ったある日、私はその人に告白をしました。かなり震えましたし、失敗した後の気まずさを考えると頭が真っ白になりました。しかし、その人の表情が最初は固かったのが、朗らかになっていくのを見て私は安心しました。良い答えが返ってきました。それからの日々は想像した以上に楽しくて、一緒にいることができる時間が幸せで夢のようにふわふわしていました。

1か月、1年、2年と付き合っている間は何度か喧嘩をしましたし、別れかけたこともありましたが、それでもずっと一目ぼれをした時のまま好きでしたので、お付き合いが続きました。

その人も私をとても大事にしてくれました。現在、付き合い始めてから4年以上の月日が流れ、お互い社会人となりお互い違う場所で働きながら遠距離恋愛をしています。

いつか一緒になれるのを夢見てお互い仕事に励み、お金を貯金しています。社会人で忙しい中月に1回は会うようにしています。いつも一緒にいるのも良いですが、久しぶりに会う喜びは遠距離恋愛でなければ体験できない感覚です。

今はその感覚をお互い楽しみながら、月に1度の会う機会を毎日指折り数えています。私の初恋はこれからもずっと続いていきます。

子宝には恵まれ良き旦那ではあるが夫婦生活が原因で・・・

二十歳のころに大学のサークルの先輩から告白され、付き合い始めて6年目で結婚しました。
自分は別の短大で、そのサークルは地元では一流大学のひとつの大学のもので、理系の大学院生だった先輩のことはよく知りませんでしたが、ルックスもまあまあ、同じ音楽サークルで趣味も合うだろうし、安定路線としては申し分ない相手だったので、おつきあいをはじめました。3歳年上だったので、優しくて落ち着いた感じで楽しくおつきあいしておりました。しかしつきあって2年くらいからすでにこの大きな問題は、今思えばはじまっていました。
短大の私が先に就職し、彼はその1年後に就職。車で2時間半の地に彼は赴任になり、ちょっと遠距離恋愛になりました。週末に彼が私の方に来るときに、毎回ホテルに泊まるのもお金がかかり、会う場所に困るようになり、家の事情もあり、私が独り暮らしをはじめました。
そのうち彼も地元に戻ってきたのですが同棲はせず、徒歩10分くらいのところに住んでいました。お互い仕事も忙しく、近所に住んでいながらも会うのは週末だけでしたが、彼がだんだんと私との夜の営みを拒むようになってきました。疲れているからという理由だったので、傷つきながらも我慢していましたが、あるときたまたま飲みに行った職場の同僚男性にそのことを話してしまいました。その同僚の男性が、それはとても失礼なことだ!と言ってくれて、私もやっぱり・・・と思いました。
ある夜、また彼の家に泊まった時に拒まれて、彼は寝てしまい、私は悲しくて涙が止まらなくなって黙ってこっそり自分のアパートに帰ってしまいました。
翌朝、彼が血相をかえて私の家に来ましたが、私は泣きはらした顔で、ずっと我慢していたけど、断られることにとても傷ついていて、別れたいと伝えました。
彼は用事があったので一旦でかけて行きましたが、戻ってきたときに、そんなことを言わせるまで気がつかなくて悪かったと謝ってくれました。
私はなんてやさしい人だと感激し、そのまま交際を続け、数年後に結婚しました。

しかし、やはりそういうものは本能的なものなのですね、ムリしてもダメなのでしょう。結婚後も夫婦生活はほとんどなく、私は子供がとても欲しかったのですが、なかなかできないまま10年近くになりました。
交際時に思った通り、夫との生活はお金持ちというわけではありませんが、たまに海外旅行に言ったり、ステキなレストランに行ったり、お互いの趣味の音楽のコンサートに行ったりとふだんの生活面では不満はなかったので、私もとても迷いましたが、子供を持ちたいと言う一生のうちで限られた時期にしかできないことをあきらめることができませんでした。
でもここで決めなければ一生後悔すると思い、子供をつくることに協力してくれないなら離婚したいと申しでました。
夫もなぜ夫婦生活を持てないのか自分でもよくわからなかったようでしたが、よく考えて気持ちを改めてくれたのか、協力してくれるようになり、やっと子宝に恵まれました。

息子も小学生になり、ハッピーファミリーのようにはたからは見えていると思いますが、妊娠後からやはりまた夫婦生活はいっさいなく、私はこどもがある程度の年齢になったら離婚しようと考えています。もうこどもを作る必要はないのだから、夫婦生活も必要ないといえばそうなのですが、やはり女の悦びをいつまでも忘れたくないのです。

結婚までの道のりはまだまだ遠い

私は端から見れば草食形男子に見られてるかもしれない。実際私はなるべく周りに彼女ができても周りに知らせない事が多く、恋愛に興味があるそぶりはあまり見せないからだ。
だが、意外と恋愛には積極的でこれまでいろんな事を経験してきた。

出会いのほとんどは合コンだと思う。人当たりはいいほうだと自分で思っているし、合コンが終わる頃には相手の女性と一緒に帰る事も結構あったりする。
しかし、『彼女』というポジションを埋める相手は、なかなか自分で相当な理由がないと付き合いたいとは思わない。

これまで、彼女と呼んできた人数は5人いる。多いほうではないと思うが、それなりに二人の将来を考えたいと思った人数だ。
だが、見事に全員結婚までは至らず別れる事になってしまった。というよりも、自分との価値観が合わなかったのだ。

結婚したいと思っても、私の中でどうしても譲れない価値観がある。それは、結婚してもお互いの生活は切り崩さないことだ。
身勝手な考えと思われるかもしれないが、私の中の『お互いの生活』と言うのは結婚=ゴールではないという事だ。

今までの彼女たちと、結婚の話が出たときに寿退社の話や、子供ができるまでは趣味や習い事に没頭してみたいなどといわれたことがあった。
趣味や習い事なら付き合った当時でもいくらでもできるはずだし、いくら家庭に納まってくれても私の給料が跳ね上がるわけではない。

子供ができれば結婚したとき以上にいろんな面でお金が必要になるし、相当なやりくりもしていかなくてはならない。
だからこそ、付き合っていたときのままのスタンスで結婚を考えたかったのだ。結婚してがらりとお互いの生活が変わってしまっては、些細なことでケンカもしてしまうのではないだろうか。

こんな考えがまだまだ独身の私の甘い考えなのかもしれないが、結婚によって今まで相手の魅力だった部分がたるんでしまうのではないかと思えてしまう。
ダイエットに置き換えれば、痩せた時点で達成感を感じてしまいまたリバウンドをしてしまうような感覚。体系維持し続けることが真のダイエットではないのか。

結婚だって、甘い生活がただ続いていくわけではないと思うし、結婚をしっかり人生を生きるスタートと考える人をやはり私は求めているのだ。
こんな考えだからこそ、結婚までの道のりはまだまだ長く遠いのかもしれない。

高校生で妊娠、そして別れ。

あれは、高校の時ヤンキーに憧れていた私は、ある一人の男子が気になる。
見た目は金髪。ピアスもジャラジャラつけていてどっからどうみてもヤンキー。
いつの間にか彼とは付き合う様になった。
でも束縛もすごく激しくて、高校で男子としゃべるのも禁止。
彼とはおんなじ学校ではないけど、彼の友達に見張られる毎日。
男子としゃべっていたら、それを報告され、喧嘩。
でも彼の事好きだから彼の言うことに従った。
喧嘩するといつも殴り合い。
彼の家は穴だらけ。
私もどちらかと言うとヤンチャをしていたのでお互いボッコボコ。
だけどお互い好きだから別れる事はなく時は過ぎていった。
彼は高校に行かず鳶職をしていた。
そんな彼が突然、山口県に行くと言い出した。
どーしたの?って聞くと仕事辞めてきた。逃げるぞ。って…。
私はすごくびっくりしたけど、気付いたら一緒に山口県に行っていた。
けど私の家庭は厳しくて山口県に住む事は許してもらえなかったので地元に帰る事に…。
そこから遠距離恋愛は始まった。
毎週のように手紙のやりとり。
毎日の電話。
でもやっぱり若い私たちには距離が遠すぎて段々上手く行かなくなってしまっていった。
その時体がいつもと違う、なんだろう…。
そこで産婦人科…。
妊娠してますと言われた。
すごく驚いた。戸惑った。
産みたかった。けど、やっぱり私の家族は産むことは許さないと言われ家庭はぐちゃぐちゃに…。
結局下ろす事になって人目があるからって隣の県の産婦人科で下ろすことに。
すごく辛かった。涙も止まらないし、心も体も痛くて痛くて。
彼とは別れなさいと言われ引き裂かれた。

20歳になったら必ず迎えに来るからな!と言われその時をずーと待ってた。

けど、何年待っても彼は迎えに来ない。
彼は事故で亡くなってしまった。
地獄のようだった。
今でも彼の事を忘れる事はないだろう。

あの時の手紙。ずーと持ってるよ!絶対捨てない。彼は私の人生を大きく変えた。
いつか会えるといいな。
大好きだよ!かあくん!

恋の魔法とパートナー。

女性は恋をするときれいになったり、変わったりするとありますがみなさんはいかがですか。私は大体決まっている恋をすると似たようなことをします。まず一つ目に、彼好みのおしゃれをするということですね。次は、笑顔がやたら増えます。接客の際、素敵な笑顔の方もいれば、苦笑いのかたもいらしたり、笑顔がおかしい方もいます。でも恋の魔力のすごいところは自然と笑ってしまうということです。

ほかにも付き合って少しして、夜仲良くするようになると新しい下着を買い始めます。あとは、ものすごく忙しくなることが共通です。仕事、一人暮らしなら家事、その他の付き合いに彼とのお付き合い。寝不足になることは多々あるでしょう。長く付き合うとお互いのこともよく分かって、ペースも落ちるでしょうが、付き合いたてはとくに忙しくなることが確実です。

いいこともあれば悪いこともある。メリットに割と焦点を当ててみましたが、次はデメリットをあげてみましょう。まずは、趣味の時間や今まで当てていた時間が少なくならざるを得ないということです。年齢を重ねるにつれそうなっていくでしょう。ほかには、人付き合いに変化が訪れるかもしれません。いい時も悪い時も彼や彼女との間にあります。友人や仕事仲間と付き合いがおろそかになったり、考え方がかわることもあるでしょう。

どちらもふまえていえることは、恋愛をしていても、していなくても時間は同じように過ぎていくということです。パートナーとの時間に重点を置けば何かがおろそかになるし、仕事に重点を置けば、パートナーは寂しい思いをするかもしれません。どちらになっても、自分の信じた道を進んでいくしまありません。答えなんてあとからわかるようなことですすもんね。

5年後、10年後素敵なパートナーといい関係をもてるように日々小さな努力を積み続けたいですね。ときに失敗してもまたゼロからいつでもやり直せます。あなたが信頼しあえるパートナーと出会ったり、思い出をたくさん作れるよう願っています。

私の恋は人違いから始まりました。

スマホアプリでゲームをするのが好きなのを知っている私に、甥っ子がコイン欲しさに招待メールを送ってきました。
よしよし、コインをあげるよ、とメールからサイトへ入りました。
会員登録を済ませ、サイト内を彷徨っているとゲームが沢山ある事に気付きました。
ゲームするためにアバターを作成。
適当なニックネームを付けCMでも流れているゲームを開きました。
それはチーム戦になっていて一人でも楽しめるけど、チームなら尚更楽しめるゲームらしいです。
チーム勧誘を覗いていると甥っ子の名前を見つけました。
よし、ここにしよう、と登録を済ませ
遊んでいるとメールが来ました。
甥っ子から、登録のお礼と力を合わせて頑張りましょうとのコメント。
頑張るよ、と返信。
それからチームの為に時間の許す限り得点を稼ぎました。
一週間単位で順位が決まるシステム。
チーム内でも得点を上げれば順位が上がるのが楽しくて、いつの間にかはまっていきました。
時々甥っ子もメールをくれて、いつも尽力ありがとうございます。次週も頑張ります、なんて内容。
はーい、頑張ったね、私も頑張るよ、と返信。高得点取れた時には自慢げに報告なんかして。
すごいですね、とお褒めのお言葉。
そんなこんなで何ヶ月か過ぎました。
甥っ子とは離れて暮らしているので会うのはお正月や夏休みくらい。こんな交流出来て嬉しいな、と思っていました。
でもある日気付いたんです。
何故に丁寧語なんだろう。
関西人だから、関西弁になってもおかしくないし、いつも私に丁寧語なんか使わないはず。
嫌な汗が流れて、姉に遠回しに甥っ子のゲーム内のニックネームを聞き出しました。
そうです。本名でやる人なんかいませんよね。
見ず知らずの人に、馴れ馴れしく何ヶ月もメールしてたんです私。
指どりも重く、甥っ子と思い込んでいた人へ謝罪メールを送りました。
事の次第を説明して何度もすみません、失礼してすみません、と書いて送りました。
暫くして返信が。
そこには、いつもの丁寧語で「気になさらないで下さい。嫌な気持ちになんてなっていませんでしたよ。楽しくメールさせて貰ってました。これも何かの縁だと思います。これからもメールしませんか」と。
なんて優しい人なんだろうと安心したのと同時に興味が湧いて来ました。
これから先は少しプライベートな事のメールのやり取りが始まりました。
年齢は3歳上で会社員だという事がわかりました。毎日暇してるんです、と。
ゲームチームのオフ会をしようと提案されています。そういう事は初めてなので緊張しますが、とても楽しみです。

私の主人がもう1人いれば

ちょっと気持ち悪い発想なのですが、「私の主人のような人がもう1人いたら、私のある1人の友達や
主人のお姉さんも結婚出来るのに…」と思う事があるのです。友達ならまだしも、主人のお姉さんとなると
姉弟の結婚になるので、かなり危険な発想です。でも、「主人のような人」という意味なので、一応
大丈夫です。友達に関しては、ついつい「私とあなたが結婚していなかったら、私の友達と結婚したら
合いそうなのに」と主人に言ってしまい、かなり引かれた事はありました。
 主人はどういう人かと言うと、まあざっくばらんに言うと「ずれている人」です。私と主人が初めて出会った頃、
私は拒食症でした。真っ只中でした。でも社会から外れたくなかったので、普通に正社員として仕事に毎日行って
いました。でも、ギリギリな状態だったのは確かです。主人も「ギリギリっぽい人」というのは気付いたようですが、
それから何をどう思ったのか「頑張っている人なんだな」と思い、私に興味を持ったようでした。
 だからと言って主人がとても頼り甲斐がある男性かと言えば全然そんな事はありません。まあしっかりしている面も
ありますが、姉弟の弟ですし、「俺に付いて来い」タイプでは決してありません。なのに、「自分が救ってあげたい」と
思ったようです。
 私は拒食症になる前はそれなりに男の人から声をかけられる事も普通にありました。でも、病気になってからは、
その「ギリギリ感」が全面に出ていたのか、声をかけられる事もいっさい無くなりました。段々年頃になっていましたし、
まず自分の身体を治すのが先だと分かっていながらも、内心凄く焦っていました。
 そんな時に現れた主人は確かに私にとって救世主だったのでしょう。結婚し、子供が産まれて、母親になるにつれて、
私の病気は完治していったと思います。
 私の友達も、主人のお姉さんも、メンタルの病気です。きちんと病院にも通っていますが、なかなか良い方向に
向かって行きません。自分も同じようにメンタルの病気を経験しているので、その治療がいかに難しいか知っています。
 お姉さんの本音は知りませんが、友達は結婚を望んでいます。「両親ではなく、自分のパートナーとして自分を理解してくれる
人が見付かれば、快方に向うのではないか?」と私は思うのです。だからと言って、最初からメンタルな病気をかかえている
人と恋愛したり、結婚したりしようと思う奇特な男性は少ないのかもしれません。なので、「私の主人がもう1人いればな」と
時々思ってしまうのです。