主人との出逢いは同窓会

人との出逢いはいつどこであるかなんてわからなくて、意識してるわけでもないのに、道が出来てるみたいに突然現れます。

主人との出会いもそれでした。

実は中学生の同級生なのですが、別に中学生の時は付き合いをしているとか意識をしているとかいうわけではありませんでした。

ではどこで出会ったかというと、中学校の同窓会です。

同窓会の案内状が来て、参加をすることにしました。

同窓会の当日会場についたら、時間が早すぎて会場の席には2人しかいませんでした。

その2人は座敷に座ってみんなが来るのを待っていました。

立ったままで一人で待つのもどうかと思って、両方男子だったんですけれど、どうせ座るなら、中学生の時運動神経も良くて背の高くて愛想の良い人人気者だった人の横のがときめいて楽しいよなぁって思って座りました。

「覚えてる~~?」なんてセリフから始まって、「仕事何してるの?」とか近況報告なんかもして、おしゃべりが弾みました。

学校を卒業してから一旦大手企業に就職をして、東北に行っていたのですが、最近親戚の会社が忙しくて会社を大きくするので手伝って欲しいって言われて、1か月前に東北から帰ってきたそうで。

地元で遊ぶところを全然知らないからまた一緒に遊びに行こうって誘われました。

電話番号の交換もして、まさか本当に電話かかってくるなんて思わなかったんですけれど、3日後本当に電話がかかってきて、「今度の休みいつ?一緒に遊びに行こうよ。」って誘われました。

休みの日、予定がなかったのでお誘いをオッケーして、次の休みの日までドキドキしました。

休みの日に遊園地に行きました。天気も良くてすごく楽しかったのを覚えています。

最初は緊張してたけれど、話をしてたら趣味や好みがいろいろびっくりするくらい合ったので、これって恋なのかなぁ・・・なんてドキドキしました。

デート初日の帰り道、「むっちゃ君のこと好みなんだけど。彼女になってください。」なんて言われてものすごくびっくりしたのですけれど、実は私もすごくタイプだったので「うん、お付き合いしよう!」って答えました。

中学生の時は、スポーツしてる姿を見て「かっこいいなぁ。」なんて思ったことはあったんですけれど、社会人になって同窓会がきっかけで再会をして、お付き合いをすることになるなんて思いもしませんでした。

その後も休みの日が合うたびにデートをして、知らない間に「結婚しようか」なんて話になって、思い切りアツアツの恋愛結婚で今の主人と結婚をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>