カテゴリー別アーカイブ: 恋愛体験談

結婚までの道のりはまだまだ遠い

私は端から見れば草食形男子に見られてるかもしれない。実際私はなるべく周りに彼女ができても周りに知らせない事が多く、恋愛に興味があるそぶりはあまり見せないからだ。
だが、意外と恋愛には積極的でこれまでいろんな事を経験してきた。

出会いのほとんどは合コンだと思う。人当たりはいいほうだと自分で思っているし、合コンが終わる頃には相手の女性と一緒に帰る事も結構あったりする。
しかし、『彼女』というポジションを埋める相手は、なかなか自分で相当な理由がないと付き合いたいとは思わない。

これまで、彼女と呼んできた人数は5人いる。多いほうではないと思うが、それなりに二人の将来を考えたいと思った人数だ。
だが、見事に全員結婚までは至らず別れる事になってしまった。というよりも、自分との価値観が合わなかったのだ。

結婚したいと思っても、私の中でどうしても譲れない価値観がある。それは、結婚してもお互いの生活は切り崩さないことだ。
身勝手な考えと思われるかもしれないが、私の中の『お互いの生活』と言うのは結婚=ゴールではないという事だ。

今までの彼女たちと、結婚の話が出たときに寿退社の話や、子供ができるまでは趣味や習い事に没頭してみたいなどといわれたことがあった。
趣味や習い事なら付き合った当時でもいくらでもできるはずだし、いくら家庭に納まってくれても私の給料が跳ね上がるわけではない。

子供ができれば結婚したとき以上にいろんな面でお金が必要になるし、相当なやりくりもしていかなくてはならない。
だからこそ、付き合っていたときのままのスタンスで結婚を考えたかったのだ。結婚してがらりとお互いの生活が変わってしまっては、些細なことでケンカもしてしまうのではないだろうか。

こんな考えがまだまだ独身の私の甘い考えなのかもしれないが、結婚によって今まで相手の魅力だった部分がたるんでしまうのではないかと思えてしまう。
ダイエットに置き換えれば、痩せた時点で達成感を感じてしまいまたリバウンドをしてしまうような感覚。体系維持し続けることが真のダイエットではないのか。

結婚だって、甘い生活がただ続いていくわけではないと思うし、結婚をしっかり人生を生きるスタートと考える人をやはり私は求めているのだ。
こんな考えだからこそ、結婚までの道のりはまだまだ長く遠いのかもしれない。

高校生で妊娠、そして別れ。

あれは、高校の時ヤンキーに憧れていた私は、ある一人の男子が気になる。
見た目は金髪。ピアスもジャラジャラつけていてどっからどうみてもヤンキー。
いつの間にか彼とは付き合う様になった。
でも束縛もすごく激しくて、高校で男子としゃべるのも禁止。
彼とはおんなじ学校ではないけど、彼の友達に見張られる毎日。
男子としゃべっていたら、それを報告され、喧嘩。
でも彼の事好きだから彼の言うことに従った。
喧嘩するといつも殴り合い。
彼の家は穴だらけ。
私もどちらかと言うとヤンチャをしていたのでお互いボッコボコ。
だけどお互い好きだから別れる事はなく時は過ぎていった。
彼は高校に行かず鳶職をしていた。
そんな彼が突然、山口県に行くと言い出した。
どーしたの?って聞くと仕事辞めてきた。逃げるぞ。って…。
私はすごくびっくりしたけど、気付いたら一緒に山口県に行っていた。
けど私の家庭は厳しくて山口県に住む事は許してもらえなかったので地元に帰る事に…。
そこから遠距離恋愛は始まった。
毎週のように手紙のやりとり。
毎日の電話。
でもやっぱり若い私たちには距離が遠すぎて段々上手く行かなくなってしまっていった。
その時体がいつもと違う、なんだろう…。
そこで産婦人科…。
妊娠してますと言われた。
すごく驚いた。戸惑った。
産みたかった。けど、やっぱり私の家族は産むことは許さないと言われ家庭はぐちゃぐちゃに…。
結局下ろす事になって人目があるからって隣の県の産婦人科で下ろすことに。
すごく辛かった。涙も止まらないし、心も体も痛くて痛くて。
彼とは別れなさいと言われ引き裂かれた。

20歳になったら必ず迎えに来るからな!と言われその時をずーと待ってた。

けど、何年待っても彼は迎えに来ない。
彼は事故で亡くなってしまった。
地獄のようだった。
今でも彼の事を忘れる事はないだろう。

あの時の手紙。ずーと持ってるよ!絶対捨てない。彼は私の人生を大きく変えた。
いつか会えるといいな。
大好きだよ!かあくん!

私の恋は人違いから始まりました。

スマホアプリでゲームをするのが好きなのを知っている私に、甥っ子がコイン欲しさに招待メールを送ってきました。
よしよし、コインをあげるよ、とメールからサイトへ入りました。
会員登録を済ませ、サイト内を彷徨っているとゲームが沢山ある事に気付きました。
ゲームするためにアバターを作成。
適当なニックネームを付けCMでも流れているゲームを開きました。
それはチーム戦になっていて一人でも楽しめるけど、チームなら尚更楽しめるゲームらしいです。
チーム勧誘を覗いていると甥っ子の名前を見つけました。
よし、ここにしよう、と登録を済ませ
遊んでいるとメールが来ました。
甥っ子から、登録のお礼と力を合わせて頑張りましょうとのコメント。
頑張るよ、と返信。
それからチームの為に時間の許す限り得点を稼ぎました。
一週間単位で順位が決まるシステム。
チーム内でも得点を上げれば順位が上がるのが楽しくて、いつの間にかはまっていきました。
時々甥っ子もメールをくれて、いつも尽力ありがとうございます。次週も頑張ります、なんて内容。
はーい、頑張ったね、私も頑張るよ、と返信。高得点取れた時には自慢げに報告なんかして。
すごいですね、とお褒めのお言葉。
そんなこんなで何ヶ月か過ぎました。
甥っ子とは離れて暮らしているので会うのはお正月や夏休みくらい。こんな交流出来て嬉しいな、と思っていました。
でもある日気付いたんです。
何故に丁寧語なんだろう。
関西人だから、関西弁になってもおかしくないし、いつも私に丁寧語なんか使わないはず。
嫌な汗が流れて、姉に遠回しに甥っ子のゲーム内のニックネームを聞き出しました。
そうです。本名でやる人なんかいませんよね。
見ず知らずの人に、馴れ馴れしく何ヶ月もメールしてたんです私。
指どりも重く、甥っ子と思い込んでいた人へ謝罪メールを送りました。
事の次第を説明して何度もすみません、失礼してすみません、と書いて送りました。
暫くして返信が。
そこには、いつもの丁寧語で「気になさらないで下さい。嫌な気持ちになんてなっていませんでしたよ。楽しくメールさせて貰ってました。これも何かの縁だと思います。これからもメールしませんか」と。
なんて優しい人なんだろうと安心したのと同時に興味が湧いて来ました。
これから先は少しプライベートな事のメールのやり取りが始まりました。
年齢は3歳上で会社員だという事がわかりました。毎日暇してるんです、と。
ゲームチームのオフ会をしようと提案されています。そういう事は初めてなので緊張しますが、とても楽しみです。

恋愛と結婚は別かもしれませんが

 大学生の時に、両親よりも年上の人とおつきあいをしていました。当時、私はアルバイトで美術のモデルをしていました。おもに大学や、カルチャースクールの絵画教室に派遣されるのですが、画家が個人的にモデルを使うこともめずらしくありません。彼とは、画家とモデルとして知り合いました。いつごろから、男女の関係になったのか、もう覚えていません。私は人生のうちで、「恋愛」をしたのはあのとき、あの人だけです。ただ、そういう関係になった人はほかにもいるのですが、私にとって、あの体験こそが、最初で最後の恋愛でした。しかし、彼は私のことは少しも好きではありませんでした。もちろん、嫌いではなかったのでしょう。けれど、LOVEではなかったのです。
 彼は既婚者でしたが、私と奥様のほかにも、彼女がいました。中でも、一番長い人は十年ほどの仲だったようです。彼女もモデルでした。しかし、また別にいるのです。ただ、その人は、すでに、こ私が彼と知り合ったときは、この世の人ではありませんでした。
 その女性を描いたとおもわれる油絵や、パステル画を数点、彼の作業場で見たことはあります。どれも、長い髪と、細い首、なで肩が印象的です。そういえば、私も、現在の本命の彼女も痩せています。絵のモデルは、ファッションモデルとちがい、本来は豊満な体つきが重宝される世界ですから。今、おもうと、きっと彼が事務所に「骨や筋がはっきりみえるモデルを派遣してほしい」とでも注文をつけたのだとおもいます。それは別にかまわないのですが。作品になった私は、私ではありませんでした。ポーズも、骨格も確かにそのとおりです。けれども、顔だけいつも、その幻の女性にすりかわっていました。
 そして、「好きな人ができたら、いつでも別れるから」とか「結婚がきまれば、すぐに出て行ってもいいよ」といわれていました。 私は、彼を奥様と別れさせてまで結婚するつもりはありません。だけど、恋愛をしている限り、もう少し愛されたかったのです。

不倫にはまりかけた話

不倫に片足を突っ込んでいた?ことがあります。
あれはまだ学生の頃、当時何年も付き合って半同棲までした彼氏と別れてしまったときのことです。
彼氏のいた頃に参加した趣味のイベントで知り合った5つ年上の男性に、なんとなく「別れちゃったんです」と相談すると、「じゃあ、ご飯でも食べに行こうか」ということになり、それからしばしば遊びに連れて行ってもらいました。
そうこうするうちに、わたしは彼に惹かれはじめていました。
ただでさえ趣味が合う上に、学校の中で目にする男の子たちよりずっと大人で、わたしの話をウンウンと聞いてくれたり、ときには厳しい意見をくれたりするのが新鮮だったのです。
夜、元彼と暮らしていたアパートの前まで送ってくれて、「それじゃあ、またね」と言って帰ろうとする彼を何度も引き止めました。
話を無駄に引き伸ばし、次の予定を取り付け…今考えると駆け引きも何もない稚拙な好意のアピールでした。
彼は困った顔をしながらも数時間付き合ってくれてから帰って行くというのがいつものパターンになったころ、とうとうわたしは彼に告白してみました。
元彼と別れたばかりで、恋愛が怖くなっていたわたし。
「付き合ってください」とは言えなくて、「好きです」と言ったのです。
すると、いつもニコニコ笑っていた彼が急に覚めた顔をして、その日は早々に帰ってしまったのです。
その日の深夜、彼から来たメールには、彼は結婚していること、でもわたしの気持ちを嬉しく思っていること、そして、彼自身もわたしのことを好きなのだが、それはいけないことだからもう会えないという旨が書かれていました。
全て、ものすごくショックでした。
思い返せば彼には独特の落ち着きや余裕がありました。
もうすでに奥さんがいたから出せたものだったのでしょう。
あのときはとても辛かったですが、わたしも結婚した今となっては、彼がまともな人であそこで引き返すように勧めてくれて本当によかったと思います。

結婚する前に色々なパワースポットに行きました。

自分が結婚に焦っていて、仕事も失敗が続きお見合いパーティーとか社会人サークル等の出会いの場に沢山行きました。結果デートしたり一緒に遊びに
一時的に行くことはあってもそれ以上の関係は無かったりでこんなに頑張っていても中々出会いが無い。気の合う人とかいないんだ、、と悲しくなり
相談所に行く事に決めました。結婚相談所は利用は実は2社選ぶのを失敗していた為、相談所で利用は絶対しない!と心に決めていました。

続きを読む

無鉄砲主人とのエピソード

今、振り返ってみても本当に無鉄砲な人だった。
周りの反対を押し切ってまで、こんな私と結婚までしてくれたのだから。
ふと二十数年前のことを思い出してみる。
そのとき、私はもう結婚をしていた。恋愛結婚で子供は3人。そのときの主人はとてもやさしくてしっかりものだった。
別に、主婦が喜ぶような不倫ドラマも夫のDVなんかもなく、共働きで忙しかったが本当に幸せだった。
その日もいつもと同じように、パート帰りに子供を迎えにいき、夕飯の買出しに近くのスーパーにきていた。
財布を出そうとして気づいた。
普段、絶対に忘れない携帯電話を家においてきてしまった。
しまった!と思った。

続きを読む

逆境を乗り越えた先にあったもの

私達が結婚式をあげたのは、2011年7月のことです。場所は宮城県仙台市。
2010年から予約をしていましたし、身内のみの挙式披露宴のつもりだったので、春頃から準備を始めることになっていたのですが、3月にあの大震災が起こりました。
結婚式場は都市部だったので、津波の被害はありませんでしたが、建物そのものに被害があったようです。私達も家や人的な被害はありませんでしたが、精神的に落ち込んでいましたし、私の両親が遠方に住んでいて、飛行機を使う予定でしたので、水没して機能しない飛行場に愕然としました。

続きを読む

遠恋成功体験談

私自身の遠距離恋愛体験談と私が体験して思った成功の秘訣をお話したいと思います。

まず遠恋になった経緯ですが、私と彼は学生時代からの友人で、
恋愛相談もできる友達を5年間ほど続けていました。

ある日、出かけた場所がデートスポットだったことから
いつもと違う雰囲気でお互いをはじめて意識し、付き合うこととなりました。
25歳の時の話しです。

お互い仕事をしていて、休みの日には会ってデートをするような生活を2ヶ月間続けたある日、
彼が突然転勤となりました。

続きを読む

主人との出逢いは同窓会

人との出逢いはいつどこであるかなんてわからなくて、意識してるわけでもないのに、道が出来てるみたいに突然現れます。

主人との出会いもそれでした。

実は中学生の同級生なのですが、別に中学生の時は付き合いをしているとか意識をしているとかいうわけではありませんでした。

ではどこで出会ったかというと、中学校の同窓会です。

同窓会の案内状が来て、参加をすることにしました。

同窓会の当日会場についたら、時間が早すぎて会場の席には2人しかいませんでした。

その2人は座敷に座ってみんなが来るのを待っていました。

立ったままで一人で待つのもどうかと思って、両方男子だったんですけれど、どうせ座るなら、中学生の時運動神経も良くて背の高くて愛想の良い人人気者だった人の横のがときめいて楽しいよなぁって思って座りました。

「覚えてる~~?」なんてセリフから始まって、「仕事何してるの?」とか近況報告なんかもして、おしゃべりが弾みました。

続きを読む